スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有限責任事業組合(LLP)の簡単な設立 

LLPとは、Limited Liability Partnershipの略で、有限責任事業組合の事です。
株式会社や合同会社と並ぶ新しい事業体のひとつで、個人または法人が営利目的の共同事業を営むための組織(組合)です。登録免許税は6万円ですので株式会社を設立する事と比べると非常に安く作れます!
設立代行を依頼すると無駄な費用がかさんでしまいますので、有限責任事業組合設立キットをご利用ください。


1.組合員の決定
  2人以上であれば人数制限はありませんが、全員参加形の組合運営が出来るメンバーを揃える必要があります。原則、LLP(有限責任事業組合)の出資者(組合員)は業務執行者となることが義務付けられいます。

2.基本事項の決定
  名称(有限責任事業組合名称)、目的(組合の事業目的)、組合の事務所の所在地、出資金額、出資額、業務を執行する人を決定しておきます。

3.組合の実印作成
  組合の実印とは、会社でいう代表印です。各書類への押印に必要ですので、早めに準備しましょう。

4.組合契約書の作成
  LLPのルールとなる組合契約の作成を行います。

5.出資金の払い込み
  金融機関へ出資金の払込みを行います。(登記申請時に払い込みのあった、通帳のコピーが必要となります。ネットバンクを利用する場合は残高証明書を請求してください。)

6.必要書類の作成
  組合決議書、申請書といった登記申請に必要な書類を作成します。

7.登記の申請
  法務局(登記所)に登記の申請を行います。
  
8.設立登記の申請
  設立完了(法務局へ登記申請して1~2週間程度で登記簿謄本を取得することができます。)
(登録免許税は6万円/1件)


LLP設立キットの中味
  手続き方法、必要書類の書き方、登記所への届出方法などを網羅!
 ・有限事業責任組合契約書
 ・別紙1(組合員の氏名又は名称及び住所 )
 ・別紙2(出資)
 ・別紙3(財産管理)
 ・別紙4(組合員の損益分配)
 ・LLP登記申請書
 ・LLP登録申請登記別紙
 ・組合員決議書
 ・証明書
 ・委任状
 ・設立時貸借対照表


有限責任事業組合設立キットを利用頂くと書類作成が簡単に出来ます!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。